作業員

ラフタークレーンとは

ラフタークレーンとはどのようなものか

重機

ラフタークレーンとは、ラフテレーンクレーンの通称で、ホイールクレーンの一種です。四輪操舵機構を装備しているため整地されていないような荒れた地形でも走行することができます。ラフタークレーンの駆動源のエンジンは1つで走行したり旋回をしたり、吊り上げたりなどのさまざまな動作をおこなうことができます。最高速度は50km/hに制限がなされています。これは、速度を出し過ぎてしまうと急ブレーキをかけた時に横転をしてしまう可能性があるためです。大型のラフタークレーンは、重量が20トンまで、全長は12メートルまで、幅は2.5メートルまでに制限がなされています。そのため公道を走行する場合には特殊車両通行許可が必要となります。

ラフタークレーンの能力について

ラフタークレーンの吊り上げる能力は、2トンから10トンまで、25トンや50トン、65トン、70トンまでさまざまな種類が取り揃えられています。ラフタークレーンの安全装置には、非常用ステアリング装置やリヤステオートロック、サスペンションロック装置、エンジンオーバーラン警報装置、後進ボイスアラーム、左折ボイスアラーム、後方カメラやモニター、左前カメラやモニターが搭載されています。ブーム式のものはテレスコピックブームですので、ブームを組み立てるなどの作業が不要となっています。ベース部分から細いものなどまで分けてロッド状に納められています。ブームというのは、物を持ち上げる際の基本となる部分のことを言います。