作業員

流体物質の測定

流量計の役割についての基礎知識

水道

流量計とは、その言葉の示す通り流れる量を測定する仕組みを持っている継続機器のことを言います。一般的には水量を測る水量計や、ガスメーターなども流量計の一種として知られています。これらは体積を測定する体積流量計と質量を継続する質量流量計に大別することが出来、その仕組みには違いがあります。 前者の仕組みはロータリーやピストン式で一定の流体が送り出される回数を測定するものであり、後者の場合にはベンチュリー管やオリフィス等の差圧式流量計によって、圧力差を測定することで測定しようという方法が採用されています。この様な仕組みで測定するための機器を提供しているメーカーは複数あり、最も適切な使用の計測機器を用いて設計が行われています。

流量計が必要とされる理由について

液体やガスの様な期待はその量を正確に測定するということが様々な面から必要になります。技術的には安全な使用を行うための生業にも必要ですし、サービスとして利用した後で請求を行う場合にも、どれだけの量を使用したのかを正確に測定する技術が必要です。その様な数値を正確に把握するために流量計が設計上組み込まれているのが一般的です。 流量計には様々な種類がありますが、目的に応じて最も適切な物が設置されています。安全管理のための流量計であればその目的を達成するための使用の物が選ばれますし、正確な使用料の測定であれば、その様な目的に特化した製品が選ばれることになるでしょう。この様に形のないものを管理することが流量計が必要とされる理由なのです。